東京スター銀行 カードローン >> クレジットカードの延滞があっても東京スター銀行のカードローンは利用できるか

クレジットカードの延滞があっても東京スター銀行のカードローンは利用できるか

東京スター銀行のカードローンは、10万円~500万円まで融資可能で、保証料を含んだ金利が消費者金融などと比べて非常に条件のいいカードローンとなっています。しかし、銀行カードローンですので、審査はとても厳しいようです。

クレジットカードの延滞が1ヶ月や2ヶ月ならば、まだブラックではないので、年収などのその他の条件がよければ総合的な判断により審査に通る可能性はあります。クレジットカードの延滞をすると、CICという個人信用情報機関に「延滞」の情報が24ヶ月間保存されます。しかし、その後24ヶ月間毎月の支払いを遅れずきちんとすれば、「延滞」の情報は押し出されて消えます。そうなると、金融機関には「延滞」の情報を知る方法がなくなるので、審査には影響しなくなります。

24ヵ月も待てないという人は、過去の情報はどうしようもないので、他のローンを完済するなどして少しでも審査に有利になるように努力することが大切です。クレジットカードのキャッシング枠も、利用していなくても審査に影響することがあるので、キャッシング枠のついたクレジットカードをたくさん持っている人は解約しておくことをお勧めします。

クレジットカードの延滞が3ヶ月以上続くと、金融事故となり、ブラックリストに載ります。そうなると、およそ5年間は審査に通ることが非常に厳しくなります。東京スター銀行のカードローンは、ブラックではまず審査に通らないので、5年間が経つのをまつしかないかもしれません。

メニュー

リンク集