東京スター銀行 カードローン >> 民事再生を行ったことがあると東京スター銀行のカードローンの審査には通らない?

民事再生を行ったことがあると東京スター銀行のカードローンの審査には通らない?

民事再生を行なうと、ブラックリストの載った状態になるので、しばらくの間は金融機関の審査に通らなくなります。一部の消費者金融ではブラックリストに載った人でも融資をしているところもあるようですが、東京スター銀行を含む銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいため、ブラックリストに載っている人はその状態が解消されるまでは審査にはほぼ通りません。

東京スター銀行のカードローンの審査に通るためには、ブラックリストから情報が消えている必要があります。それでは民事再生を行なうとどのくらいの期間、個人信用情報に記録が残るのでしょうか。

記録が保存される期間は、個人信用情報機関(CIC、JICC、KSC)によって異なります。CICとJICCでは民事再生をした記録はおよそ5年間残ります。しかし、全国銀行個人信用情報センター(KSC)では、およそ10年間残ります。

CICとJICCにしか情報を照会しない金融機関なら、民事再生をしていてもおよそ5年が経つと審査で影響しなくなります。しかし、KSCに情報を照会する金融機関ではおよそ10年間は審査に影響し続けます。銀行は原則としてKSCに加盟していますので、東京スター銀行のカードローンの審査に通るためには、民事再生をしてからおよそ10年間が経過していて、その間に金融事故を起こしていないことが必要になります。

それまでは、KSCに情報を照会しない金融機関や、ブラックでも審査に通る可能性のある中堅消費者金融でお金を借りるしかないでしょう。ただし、その場合も延滞をせずにきちんと返済を行なう必要があります。

メニュー

リンク集