東京スター銀行 カードローン >> 担保があるのとないのはどう違う?東京スター銀行の各種ローンの違い

担保があるのとないのはどう違う?東京スター銀行の各種ローンの違い

東京スター銀行のローンには様々な種類が用意されており、大きくわけると担保が必要なものといらないものに分けられます。担保とは債務の履行を確実にするために債権者に提供されるもので、ローンの場合その対象は不動産になります。

万が一の時とはいえ自宅を失う可能性もあるため、できれば担保を入れたくないと思う人もいます。担保のあるローンとないローンはどう違うのか解説します。

大きな違いは借りられる額と利息にあります。当然、何も保証がないのに高額の貸付を行うようなリスクを銀行は負いません。東京スター銀行の場合、即日審査のカードローンであれば最高で500万円以下の貸付になります。

スター不動産担保ローンは貸付限度額は1億円で、金利は変動金利です。この金利に審査によって調整幅や、繰り上げ手数料などが無料になるメンテナンスパック料をプラスしたものが実際の金利になります。

担保があることによってかなり金利が少なくて済みます。その他借り入れ年数、年齢による制限が違ってきます。カードローンの場合は1年契約の自動更新で限度額の範囲で何度も借り入れることが可能ですが、満66歳になった場合は延長されません。

スター不動産担保ローンは最長20年の融資期間契約ができ完済時の年齢が84歳まで設定できます。東京スター銀行でローンを組もうとする場合は何にいくら必要なのか、何年で返済するのか考え自分になったローンを見極めることが大切です。

メニュー

リンク集